会社概要/CompanyProfile

ヌマセン代表

ヌマセン株式会社の起こりはは戦前の満州麻工業に発します。
やがて太平洋戦争が集結し、1947年に沼津繊維株式会社として現在の母体がスタートしました。そして1960年、時代の流れを先取し、繊維業からダンボールケース製造業へと大きな転換を行いました。 以降半世紀余、私たちはダンボールという素晴らしい素材を軸に、技術向上とオリジナリティの特化をめざして探究を重ね、お客様の信頼にお応えしてきました。
1990年には、「万葉の杜を未来へ」をテーマに掲げる沼津市工業団地の一員として、移転進出を果たしました。
かつての拡大成長時代から、社会は大きな転換が進み、限りある地球資源の保護や再生が大きな時代のニーズになっています。
私たちは、これからも段ボールという素晴らしい素材を通じて、 より優れた「リサイクル」や「リデュース」のシステムを推進し、先進の包装仕様をご提供できるノウハウを培ってまいります。 今後とも、ますますのご愛顧をお願い申しあげます。

名称
ヌマセン株式会社
所在地
〒410-0001 静岡県沼津市足高292-8
創立
昭和22年10月3日
資本金
1,500万円
役員
代表取締役 杉山 英夫
取締役 杉山 仁章 ⁄ 杉山 富士子
敷地
本社工場 3,071m²
柳町 1,320m²
工場建坪 1,584m²
銀行取引
静岡銀行 沼津駅北支店
清水銀行 沼津北支店
営業品目
段ボールケース全般/片面段ボール/美粧ケース
板ボール函/各種テープ類/プラスチック段ボール
全般/ 木製・プラスチック製パレット/プラスチック
コンテナ/P.P バンド/その他包装材料全般
認証取得
エコステージ(Ⅰ) EST-106(Ⅰ)
名称
沼津工業団地協同組合
所在地
〒410-0001 静岡県沼津市足高332-68
創立
1986年1月
資本金
1,840万円
昭和22年10月
沼津市柳町に於いて紡績業を以って発足し、その後、東京麻糸紡績株式会社の原料委託製繊も兼ねて行う。
昭和35年
諸事情を考慮し、新規事業として段ボールケースの製造に着手し、繊維事業と平行して営業する。
昭和37年
段ボール業も軌道にのり、繊維業を廃し段ボール専門となる。
昭和45年
国より借り受けていた工場敷地の払い下げを受ける。
昭和52年
資本金100万円を400万円に増資する。
昭和53年
機械設備合理化の一端とし、自動生産ライン化し製造力の大幅増を図る。
昭和61年
資本金400万円を750万円に増資する。
平成  2年  2月
社名をヌマセン株式会社に改める。沼津工業団地(協)内に新工場完成、移転操業する。
平成  2年  2月
同時にペガサスG、プリスログルアーのライン導入、大幅増産体制整う。
平成  2年  3月
資本金750万円を1,500万円に増資する。新工場落成式を挙行する。
平成  7年11月
全自動平板打抜機導入
平成  9年  3月
4コーナー自動グルア導入
平成  9年11月
創立50周年記念を行う。
平成12年  5月
最新鋭プリスロ、プラムμライン導入する。
平成16年  7月
倉庫増設
平成18年  6月
エコステージⅠ認証取得(EST-106(Ⅰ))
平成19年  7月
材料置場のテント上屋設置
平成 21年 8月
工場内に中2階増設

ヌマセン株式会社 TEL:055-921-1543

お問合せ